playstationVRやOculus Riftの懸念点

来年2016年にsonyはplaystationVRやOculus社のOculus Riftなどの発売を掲げ、VR元年として、大きな盛り上がりを見せようとしております。
過去にも3DTVなど、凄い!飛び出して見える!ということで大々的にマーケティングするも、地デジ化による映像のHD化以上の盛り上がりは見せておりませんでした。
ただ、ここにきてまたVRは凄い!という話が湧いてきており、やはりそんなに凄いのか?と気になってしまうことも事実です、今までのVRと何処が違うのでしょうか?
まず、以前は3D眼鏡として、赤と青のセロファンや、左右の映像を交互にシャットアウトすることにより立体映像を見せておりました。
しかしながら、セロファンは色が・・・そして3D眼鏡は目に疲れが、と欠点も多く見られましたし、普及もしませんでした。
やはり自然なかたちで脳に立体映像が入ってこないと、人間としては楽しむ以上に苦痛を味わうようであれば普及はしないと思います。
そこで、最近進化したVRはどの点が変ってくるのでしょうか?

ヘッドセットによる完全な映像への没入

まず、3D眼鏡やセロファンの映像は眼鏡というだけあって、没入感不足がありました、VRヘッドセットなどであれば完全に外界と遮断され、最高の映像に没頭できます。

思ったものが見れる体感を得られる

ジャイロ機能などを搭載しているため、上下左右を見たり、自分の身体にあわせた体感を得られることがすばらしいと思います。
これは、TVやモニター では絶対味わえない感覚です、巨大アミューズメント施設でしかできなかったような体感が家庭で得られるのは嬉しいことです。

しかしながら懸念される面もあります。

価格はどれくらいなのか?

3D眼鏡は価格が非常に高価でした、まだVRヘッドセットの価格が公になってないので、わかりませんがVRヘッドセットの価格が、一般人に手が届きやすいのであれば普及は拡大すると思います。
やはり一人しか楽しめないものに数万円はなかなか家計の紐は緩みません、やはり普及しなければ、結局そこに便乗してソフトを発売する側もソフトを発売しないので、売れないスパイラルが続いてしまいます。
逆鞘的に売り出すのか、価格的に安価でも大丈夫な部品を扱うのかが気になるところです。Oculus Riftによると「20万円ですべてが揃う」そうです。Oculus Rift本体が5万円で、推奨スペックのGTX970搭載ゲーミングPCが15万円ということなのでしょう。元々ハイスペックなゲーミングPCを持っている人なら別に気にならないでしょう。しかしゲーミングPCを持っていない人が20万円用意するのはかなり抵抗があるはずです。買うとすれば評判のいいBTOメーカーであるドスパラがおすすめしているOculus Rift用ゲーミングPCでしょう。動作確認をした上で推奨しているので信頼性があります。

外界とのシャットダウンによる危険性は?

完全に視界と聴覚が奪われてしまうため、身の回りに危険が迫った際に気付けるかどうかが問題です。
音量も適量で、広い部屋で、と条件付きとなると、これも流行の妨げになりやすいです。
上記二点の懸念をクリアすれば、楽しい体感を味わうことができるものになると思いますので、是非クリアして、まさに2016年はVR元年!となることを楽しみにしたいです。